バイナリーオプションでのテクニカル分析

By: Saiko Weiss

バイナリーオプションではテクニカル分析を用いることが多いです。その理由は、短期的な取引だからです。投資をする際には、投資対象の本質的な価値を分析するファンダメンタル分析と、過去の為替レートの動きから分析するテクニカル分析の二つが用いられます。あらゆるものの価格は市場の原理に基づいて取引されますから、本質的な価値よりも現在の価格が高ければ売られますし、現在の価値が低ければ買われます。

ですから、バイナリーオプションの対象としている為替レートが、本質的な価値よりも高いのか低いのかを判断できれば良いのですが、実は短期的な取引の場合にはあまり効果はありません。その理由は、ノイズが大きいからです。つまり、取引の量が大きくなったり、極端に偏ったりすると、本質的な価値から乖離する現象が見られます。一時的に乖離したとしても、その乖離はいずれ是正されると考えられるのですが、そのためには時間がかかります。例えば数週間から数ヶ月かかるとすると、短期的な取引を行っているトレーダーには役に立たないでしょう。

このようなことから、バイナリーオプションではファンダメンタルズ分析はあまり意味をなしません。消去法的な意味でテクニカル分析が用いられると考えられます。これはほかの投資対象でも同じで、長期的な取引をする場合にはファンダメンタルズ分析が好まれ、短期的な取引をするときにはテクニカル分析が好まれる傾向があるのです。

テクニカル分析を用いれば勝つことができるというよりも、テクニカル分析しか用いるツールはないと考えておいた方が良いでしょう。また、テクニカル分析と言っても様々な方法がありますから、その中から適したものを選んでいくことも必要となります。テクニカル分析に用いる指標は、オシレーター系指標とトレンド系指標との二つに分けられます。これらを単独で用いるのも良いですし、組み合わせて用いることもできます。相場環境に合わせて用いることが必要となります。