By: Moyan Brenn

バイナリーオプションではなぜ国内の業者がいいのかというと、海外は詐欺業者が多いからです。バイナリーオプションとは、二者択一のゲームであり、数分後の為替が「高い」か「低い」かを選ぶ単純なゲームです。ここで、詐欺業者とはどういった手段をとるのかというと、必ず負けるようになっているわけではありません。最初は誰もが慎重になって千円くらいの少額を賭けます。負けが続くと怪しんで、数千円の段階で詐欺業者だと気づいてしまいます。それでは大金を騙し取ることはできません。

海外の詐欺業者は、むしろ気持ちよく大金を賭けさせるために、勝たせてきます。そうして数百万円の大金を投入させて、数千万円の利益を出させます。そして数千万円勝ったと喜び、さあ出金しようと口座への出金手続きをとろうとしたら、「出金できない」ということが起きます(もちろんこれは一例にすぎず、実際には様々な詐欺の手口を使ってきます)。

これがもし日本の業者なら、詐欺であると警察に被害届を出せば、お金が戻ってくる可能性はあります。もちろん日本の業者であっても詐欺業者がお店をたたんで逃げてしまっていたり、すでにお金をどこかに隠してしまっている場合など、お金が戻ってこないこともあるので要注意です。しかし、海外業者の場合は、警察が海外まで行って調査をするということがそもそも難しいですし、架空の会社名と住所を使われていたらお手上げとなります。

海外サイトにはこのようなリスクがあるので、国内の業者が信頼できると言われているのです。もちろん国内だから完全に信頼できるというものでもありませんので、しっかりと見極めることが大切です。例えば、家族でバイナリーオプションをやってみて、それぞれ「高い」と「低い」に別々に賭けて、同じ結果になるかを確かめるのも1つの手です。この方法を使えば、ペイアウト率が2倍を超える業者の場合確実に勝つことができますが、逆に考えればペイアウト率が2倍を超える業者はまともでないことがわかります。ギャンブルで確実に勝つ方法は存在せず、あったら業者がつぶれてしまうからです。

By: Saiko Weiss

バイナリーオプションではテクニカル分析を用いることが多いです。その理由は、短期的な取引だからです。投資をする際には、投資対象の本質的な価値を分析するファンダメンタル分析と、過去の為替レートの動きから分析するテクニカル分析の二つが用いられます。あらゆるものの価格は市場の原理に基づいて取引されますから、本質的な価値よりも現在の価格が高ければ売られますし、現在の価値が低ければ買われます。

ですから、バイナリーオプションの対象としている為替レートが、本質的な価値よりも高いのか低いのかを判断できれば良いのですが、実は短期的な取引の場合にはあまり効果はありません。その理由は、ノイズが大きいからです。つまり、取引の量が大きくなったり、極端に偏ったりすると、本質的な価値から乖離する現象が見られます。一時的に乖離したとしても、その乖離はいずれ是正されると考えられるのですが、そのためには時間がかかります。例えば数週間から数ヶ月かかるとすると、短期的な取引を行っているトレーダーには役に立たないでしょう。

このようなことから、バイナリーオプションではファンダメンタルズ分析はあまり意味をなしません。消去法的な意味でテクニカル分析が用いられると考えられます。これはほかの投資対象でも同じで、長期的な取引をする場合にはファンダメンタルズ分析が好まれ、短期的な取引をするときにはテクニカル分析が好まれる傾向があるのです。

テクニカル分析を用いれば勝つことができるというよりも、テクニカル分析しか用いるツールはないと考えておいた方が良いでしょう。また、テクニカル分析と言っても様々な方法がありますから、その中から適したものを選んでいくことも必要となります。テクニカル分析に用いる指標は、オシレーター系指標とトレンド系指標との二つに分けられます。これらを単独で用いるのも良いですし、組み合わせて用いることもできます。相場環境に合わせて用いることが必要となります。

By: BUNDjugend

バイナリーオプションは、投資システムとしてはシンプルな取引手法となりますが、初めて行う場合にはどうしても不安になる場合があります。そのために、多くのバイナリーオプションではデモトレードを用意しており、ここでは、取引の疑似体験ができるようになっています。

デモトレードは、通常、デモと呼ばれることも多く、行う場合にも、業者によっては利用に口座の開設が必要になったり、また、場合によっては入金が必用になったりすることもありますが、初めての場合には、このような手間がかからない、ホームページから直接デモ取引を行える業者を利用した方が最適となり、ここでは簡単にバイナリーオプションの取引方法を覚えることができるようになっています。

方法としては、ホームページにアクセスするだけでよく、画面の説明に沿って投資を行うだけの内容になります。そして、ある程度理解をし、慣れた場合にはそのまま口座の開設を行うことができるシステムになっているために、開設と同時に取引を始めることができます。

デモ取引の注意点としては、取引で獲得した利益額は再度デモ取引を行う場合には利用することができないことになっています。例えば、取引額の上限が100,000円となっていた場合には、一度に満額である100,000円で取引をし、仮に予想が当たった場合にはそれ以上の取引ができなくなるために注意する必要があります。勉強のために長く取引を行いたい場合には、最低取引額から始める必要があり、数を経験することによってバイナリーオプションの理解を深めることができます。

デモ取引は、実際に資金と投入して行わないために仮にその場で損失が出たとして全く影響はありませんが、自分のお金を投入しない分、どうしても緊張感ななくなってしまうという弱点があります。適当に行ってしまうと、ただのハイ・ローのギャンブルと同じようになってしまい、結果的には取引に対しての勉強にもならなくなってしまうために、行うにはしっかりとした心構えが必要になります。

By: Indi Samarajiva

少額からでも投資ができるジャンルとしてFXは非常に多くの方に支持される存在となっております。従来までですと投資というと自己資金が多くないと利益が望めないということもあって、個人の方では諦めてしまっていたという方もいらっしゃいましたが、FXにおいてはレバレッジという機能が提供されておりますので、自己資金が少なくて少しの利益しか狙えないと諦めてしまっていた方であっても、自己資金の数倍から数十倍の設定が出来るようになっており、高額な利益を狙うということも可能になってきているのです。

レバレッジの設定に関してはFX会社によって上限が決められておりますので、自分の希望するレバレッジの設定が出来るかどうかを事前にチェックしておくというのも大切な要因になってくると思います。

ただレバレッジは高く設定すれば良いというものではなく、レバレッジを高く設定すればするほど損失が発生した時のマイナスも大きくなってきてしまいますので、通常は2倍から3倍、4倍程度の設定に抑えておいて、ここぞという時に大きく設定を変えてみるという方法が上手なFX投資に結びついてくると考えられます。

為替取引などの投資ジャンルにおいては高額な自己資金がないと利益もその分少なくなってしまうということがありましたが、現代のFXトレードのようにレバレッジを活用した取引を上手に実施していくことによって効率的に利益を上げていくことも可能になっておりますので、投資ジャンルや外貨トレードに関心があるという方はFXにチャレンジしてみるのも良い方法であると考えられます。

またFXトレードを適切に実施していくためにも自分なりの取引スタイルを確定させて、事前にレバレッジ設定の上限を決定しておいたり、利益確定のタイミングや損切りのタイミングも明確に決めておくということが思わぬ損失が発生してしまった時の上手な回避方法になってくると考えられますので、初心者の方はまずトレードスタイルを決めておくということが求められると考えられます。

By: josh james

悲しい。とても悲しいよ。相場の値動きを見ているだけで、いろんなことを考えてしまいます。トレードしていなくても、頭ではこの位置でエントリーして、利益確定はこの位置でする!と考えながら相場を見ているからなおさらです。何が悲しいのかというと豪ドル円の動き。説明すると、前日のニューヨーク時間23時過ぎに大きな動きが起こり、深夜になると東京時間の高値を上回っています。

つまり、レンジブレイクが起こったわけです。東京時間の高値は92.19。レンジブレイクが起こる前の豪ドル円は、91.80で横ばい状態になっていました。5分足では上値を切り下げていたものの、他の時間足を見るとレンジの下限に来ていました。レートの勢いが大人しかったから、これ以上はいかないだろうと思いました。ここで拾って下に行かれたら嫌だし、これからの動きが予想できないからやめようと思いました。

諦めて相場を去りました。それが大きな動きが起こる1時間前の出来事でした。朝起きると、どうせ91.80に近い水準にいるに違いないと考えました。レートチェックの前に日経平均が3桁で寄り付いたニュースに目が行ってしまいました。だけど、豪ドル円には影響していなくて、得しているのは米ドル円だろうと考えていつものように豪ドル円を見ると、なんと、92円後半まで来ていました。思いっきり調子がいい、本日の東京時間は期待できる!と気持ちが上向きました。

それからは、これからもっと買われて93円にタッチか?と前向きなシナリオが浮かぶばかり。一切悪いことは考えませんでした。9時に東京株式市場がスタートしてから10時過ぎまで浮かれ気分。安心してレポートを読んで過ごしていました。しばらくして確認のためにチェックすると、91.97というレートを見てしまった。

私がその前に見ていたのは92.64。全然違う。指標発表による下落ではないし、日経平均の調子が悪くなったわけでもない。もうわけがわからない状態。頭では買いを入れていることになっていたので裏切られたことが悲しいです。思いっきり期待させて前触れもなく長い陰線で突き落とすパターンは残酷だ。

By: Horia Varlan

日経平均は3桁のマイナスで引けて本日は若干のマイナスでスタートしました。下げが広がっていないことを素晴らしいと思っています。相変わらずのスタートで好調とは行きませんが、ギリシャ問題のときは下げが広がって始まったので、これに比べるとまだいい方です。

2日連続人民元切り下げによって世界的な株安連鎖がこれからもしばらく続くだろうと思っていたら、前日のニューヨーク時間で米国市場が安値から反発する姿を見せてきました。そのおかげもあって日経平均は下値が広がらないスタートを切れたみたいです。

安心したいところですが、良くないことが起こると下値はすぐに広がっていきますから警戒しています。人民元の切り下げはもう今日はないだろうと期待しています。日経平均の先行きにも若干期待。ここ2日間は本当に最悪で豪ドル円はナイアガラチャートを作ってしまいました。おかげで派手なパフォーマンスで私をハラハラさせてくれました。

もうすぐお盆だというところで、怪談で味わうひんやり感を豪ドル円が仕掛けてきました。おかげで脳の血流が悪くなって、一瞬だけど体感温度が下がった気がしました。そして、心は間違いなく冷え切りました。お盆になるとなぜか毎年のように怪談をやってヒヤッとさせてくることがありますが、それは調べてみると暑い夏を涼しく過ごすための先人の知恵だそうです。

私は怪談は好きではないし、ヒヤッとすることに対し趣味がありません。ジェットコースターとかホラー映画なんてごめんです。ヒヤッとすることに対して、いいことはないのかと考えるとそれなりにあります。恐怖を感じることで眠気が吹き飛びます。

眠気のおかげで集中力を欠いているとしたら効果的です。集中力を高める方法としてカフェインを含んだコーヒーを飲むことをトレードに取り入れています。紅茶なんかも効果があります。その他で思いついたのが、ホラー映画をトレード前に見る方法。気が引き締まるかもしれない。